通信制高校なら全ての人に学ぶチャンスを与えてくれる

通信制高校とはどんな学校?

通信制高校とは、毎日学校に通うのではなく、通信により自宅で教育を受ける高校です。自宅学習でレポートを提出したり、スクーリングに出席することで単位を取得します。多くの通信制高校は単位制を採用しているため、最短は3年で卒業できますが、10年以上かけて卒業することも可能です。
学校によって違いはありますが、おおむね学力を重視した試験は行われず、作文や面接などで学ぶ意欲を伝えることができれば入学できます。そのため、中学を卒業しているか中学卒業程度の学力が認定されていれば誰でも入ることができるといえます。
病気などで登校が難しい人や人間関係に不安を持つ人、あるいは学力不足で全日制の高校に入れない人など、いろいろな人に学ぶチャンスが与えられることになります。また、公立の通信制高校は学費が安いため、働きながら学びやすく、経済的な理由で進学を諦めるという必要がなくなります。

強い意志をもって卒業をめざす

しかし、誰でも入れるからといって、誰でも卒業できるわけではなく、全日制に比べて中退率が高いというデータが出ています。
その理由の一番は、自己管理が必要な自宅学習が疎かになってしまうことと言われています。他人の目がないところでサボっても誰からも咎められない中、着実に学び続けるのは強い意志のいることです。怠けグセがついてレポートの提出が滞ってしまうと単位が取れなくなってしまいます。
高校卒業資格があるかないかでは将来の選択肢に大きな差が出てきてしまうでしょう。与えられた学ぶチャンスを無駄にしないためにも、人と比べることなく自分のペースで学べるという通信制高校のメリットをいかして、卒業を目指したいものです。

通信制高校を埼玉にするなら県内にキャンパスが3つある通信制高校・サポート校があります。不登校改善やマンツーマンの個別指導で進学実績も豊富。高校卒業後の社会人になった時を見据えた指導も行います。