自動車保険におけるロードサービスの内容とは?

ロードサービスはドライバーの心強い味方

自動車保険を選ぶ時は料金を重要視しがちですが、ロードサービスの内容も大切なポイントです。ロードサービスとは、万が一事故や車両トラブルが発生した時に、サポートしてくれるサービスを意味しています。実際に自動車に長年乗っていると、何かしらのトラブルに見舞われるケースが少なくありません。このような時に即座に助けてくれるロードサービスは、ドライバーにとって非常に心強い味方だと言えるでしょう。

車両トラブルに関するロードサービスの内容

ロードサービスの基本的な内容としてまず挙げられるのが、車両トラブルにおけるサポートです。バッテリーが上がってしまったり、タイヤがパンクしたりなど、便利な自動車には様々なトラブルが潜んでいます。このような車両トラブルが発生した時に、ロードサービスでは電話一本で助けに来てくれるのが通例となっていますが、肝心なのは料金です。自動車保険会社は無料でサポートしてくれる所もあれば、サポートの内容によって有償としているケースもあります。したがって想定される車両トラブルを考慮した上で、何が有料になるのかを予め確認しておきましょう。

宿泊や帰宅費用に関するロードサービスについて

ロードサービスは車両トラブルに対してだけでなく、宿泊や帰宅費用についてもサポートしてくれるケースが少なくありません。事故や車両トラブルによってその日のうちに帰宅することが困難になってしまった場合は、宿泊費用を出してくれるロードサービスも多いです。また帰宅時に発生する交通費についても、ロードサービスに該当している場合が多いですね。ここでチェックしておきたいのが、宿泊費や交通費の限度額です。限度額が決められている所もあれば、搭乗者分の費用を全額負担してくれる所もあります。

自動車保険の中味や補償内容はさまざまです。保険を選ぶ際には、かける費用に対して受けられる補償内容が充実しているかを確認しましょう。