資金繰りに活用しよう!!ビジネスローンとの比較も大事!!

仕入れ代金の支払いにファクタリングを活用

商品を仕入れて販売するとき、仕入れ代金以上で販売すれば利益が得られてお金も増えるでしょう。代金の回収まで終えれば利益もお金も増えてめでたしめでたしですが、その間のお金の流れを知らないと黒字倒産になりかねなません。通常は売上代金の入金よりも仕入れ代金の支払いが先に来るケースが多いです。保有資金以上の仕入れをしたりすると、支払いができなくなって黒字なのに倒産してしまいます。それを避ける方法としてファクタリングの活用がありそうです。仕入れをした後にその支払い日までに販売をしたとき、入金は数か月後でも売掛金があるので、これをファクタリング会社に買い取ってもらえばお金ができるでしょう。そのお金で仕入れ代金を支払えば資金のショートを避けられるかも知れません。

借り入れコストとファクタリングコストを比較

中小企業が利用する資金調達にビジネスローンがあります。金融機関からの借入で、通常のローン商品よりも返済期間を長めにとってもらえたりする仕組みです。ただそれなりの利息の支払いがあるので、利息の支払いに見合う利益が出ていないといけません。ビジネスローンの利用をするのであれば、ファクタリングの利用も検討してみましょう。ファクタリングも無料で利用できるわけではなく一定のコストがかかるのが一般的です。売掛債権の相手などによりコストが決められるので、大企業相手の売掛債権であればコストはそれほどかからないかもしれません。一方中小企業だと利用できなかったりコストが高めになったりします。ビジネスローン一本ではなく、うまく併用すると資金調達コストを下げられるでしょう。

ファクタリングとは、企業が持つ売掛債権を売却して資金を調達できるサービスです。売掛債権の売却を売掛先に知らせない2社間ものと、売掛先の合意を得る3社間のものがあります。